切嵌象嵌箱「白光」 きりばめぞうがんばこ「びゃっこう」

金工 / 昭和以降 

山本晃 (1944~)
やまもと あきら
平成8/1996
彫金
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第43回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 わずかに胴張りをつけた、ほぼ長方形、印籠蓋造の箱である。身は低く、基部を赤銅と銀の接合せとし、蓋は丈高く、上方から赤銅、四分一、銀を用いて切嵌象嵌(文様を切り透し、その中に異なった金属板を嵌め込む技法)で文様を表わす。文様は山並状に銀、四分一、赤銅と色彩を序々に替え、さらに前後四間、左右二間に分けて銀の界線を入れる。四分一は色を少しずつ替え、銀、四分一、赤銅の質感を上手につかって趣向のある作品にしている。
 「白光」の題名は未来に向けての希望の夜明けを意図したという。

作品所在地の地図

関連リンク

切嵌象嵌箱「白光」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍛朧銀花器
鍛朧銀花器

田口寿恒

銀打込象嵌花器 若芽
朧銀柳汀文花器
朧銀柳汀文花器

鹿島一谷

天道虫小金具制作工程見本
天道虫小金具制作工程見本

桂剛(雅号 桂盛仁)

平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

ページトップへ