麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器 りんぽうきりゅうもんきんぎんぞうがんさんだんもりき

金工 / 明治 

清光、金森宗七(推定/製作)
きよみつ、かなもりそうしち
明治6頃/c.1873
彫金(金布目象嵌、金線・銀線象嵌、銀平象嵌、薄肉鋤出し彫り、透かし彫り
総高36.5 最大径20.3
1件1点
富山県高岡市中川1-1-30
基台接地面に陰刻「大日本宗金堂製職工清光」
高岡市美術館
高岡市指定文化財(2014年3月27日指定)

作品所在地の地図

関連リンク

麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器
麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器

制作者:不詳(銘 清光)
製作社:宗金堂(代表:金森 宗七)

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)

藤林 峯親、圓中孫平(仕入)、金森宗七(製作)

花鳥文金銀象嵌花瓶
象嵌牛鹿鋤出し文象耳付広口花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

ページトップへ