鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔 たんてつじたけとらもんきんぎんぞうがんつば

金工 / 江戸 / 富山県 

安川乾清
やすかわけんせい
富山県高岡市
江戸時代中期(宝暦~明和期)/1751~72年頃
鍛鉄地・金銀象嵌
縦6.9cm×横6.7cm×厚さ0.3cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市
高岡市指定文化財

 高岡彫金の祖・安川乾清の在銘作品。
 鍛鉄に地金に、岩上の虎を金・赤銅(しゃくどう。金と銅の合金)・四分一(しぶいち。銀と銅の合金)で高肉象嵌し、竹を赤銅で平象嵌された豪壮な作風の鍔。また岩は片切彫りで力強く豪快に彫られており、近世高岡においての片切彫りの初見とみられている。
 初代・乾清は慶長年間、前田利長の高岡入城に従ってきた彫金(白銀)師と伝えられる。高岡白銀町に住み、代々乾清を襲名して、刀装具・装身具・煙管・文房具などを作っていたという。高岡御車山の古い金具などにその在銘作品を遺している。
 現存する在銘(花押)乾清の作品では最も古格とみられるが、元禄をさかのぼる時代性はなく、宝暦から明和(1751-72)頃の作と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四分一地金砂子象嵌鍔
三階松文金象嵌二所物
群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)

藤林 峯親、圓中孫平(仕入)、金森宗七(製作)

ページトップへ