文化遺産オンライン

群鷺図額

ぐんろずがく

作品概要

群鷺図額

ぐんろずがく

金工 / 明治

加納夏雄作

明治25年(1892)

四分一地平象嵌

縦39.4cm 横19.7cm

1面

 四分一(しぶいち)(銅と銀の合金)の地金(じがね)に葦(あし)を片切彫りで、鷺(さぎ)の群れを金、赤銅(しゃくどう)(銅と金の合金)、白四分一などを用いて平象嵌(ひらぞうがん)で表わしている。明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス世界博覧会に出品され、金属によって絵画表現を試みた作品として高い評価を得た。

群鷺図額をもっと見る

加納夏雄作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

象嵌 / 四分一 / 赤銅 /

関連作品

チェックした関連作品の検索