宝相華唐草文花瓶 ほうそうげからくさもんかびん

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 明治 

関沢卯一作
明治25年(1892)
青銅製銅鋳造象嵌
高60.0cm 口径25.2cm
1口

 両肩に獣面形鐶付【じゅうめんがたかんつき】をつけた青銅製花瓶の器面に、赤銅【しゃくどう】など種々の色味をもつ合金で宝相華唐草文を象嵌【ぞうがん】しています。作者の関沢卯一は明治時代中期の高岡(富山県)銅器の名工で、本品は明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス万国博覧会に出品されました。 

作品所在地の地図

関連リンク

宝相華唐草文花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

人長舞図花瓶
人長舞図花瓶

紹美栄祐作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

牛皮華鬘
ページトップへ