文化遺産オンライン

人長舞図花瓶

にんじょうまいずかびん

作品概要

人長舞図花瓶

にんじょうまいずかびん

金工 / 明治

紹美栄祐作

明治25年(1892)

銅鋳製象嵌

縦34.2cm 横10.3cm

1口

赤く色上げをした花瓶の器面に、人長(宮中の神楽の舞人の長)が竹垣の傍らに焚いた火の横で舞う姿を金、銀、赤銅(しゃくどう)などの色金を用いて高肉に表している。作者の紹美栄祐は京都の彫金家で、海外の博覧会で受賞を重ねた。明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス世界博覧会出品作。

人長舞図花瓶をもっと見る

紹美栄祐作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

博覧 / 象嵌 / 花瓶 / 出品

関連作品

チェックした関連作品の検索