人長舞図花瓶 にんじょうまいずかびん

金工 / 明治 

紹美栄祐作
明治25年(1892)
銅鋳製象嵌
縦34.2cm 横10.3cm
1口

赤く色上げをした花瓶の器面に、人長(宮中の神楽の舞人の長)が竹垣の傍らに焚いた火の横で舞う姿を金、銀、赤銅(しゃくどう)などの色金を用いて高肉に表している。作者の紹美栄祐は京都の彫金家で、海外の博覧会で受賞を重ねた。明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス世界博覧会出品作。

作品所在地の地図

関連リンク

人長舞図花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

猿猴弄蟷螂図額
猿猴弄蟷螂図額

香川勝広作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

宝相華唐草文花瓶
宝相華唐草文花瓶

関沢卯一作

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

ページトップへ