群蝶図花瓶 ぐんちょうずかびん

金工 / 明治 

金沢銅器会社
明治25年(1892)
銅鋳製象嵌
1口

牡丹の花をかたどった鈕(ちゅう)をつけた蓋を有しており、飾壺(かざりつぼ)として西欧に輸出する目的で制作されたものです。器面にはさまざまな姿の蝶を金、銀、赤銅(しゃくどう)(銅と金の合金)、素銅(すあか)、四分一(しぶいち)(銅と銀の合金)等の色金(いろがね)を用いて高肉象嵌(たかにくぞうがん)や平(ひら)象嵌の技法でにぎやかに飾っています。

作品所在地の地図

関連リンク

群蝶図花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

人長舞図花瓶
人長舞図花瓶

紹美栄祐作

宝相華唐草文花瓶
宝相華唐草文花瓶

関沢卯一作

猿猴弄蟷螂図額
猿猴弄蟷螂図額

香川勝広作

花鳥文金銀象嵌花瓶
ページトップへ