文化遺産オンライン

赤地金襴手双蝶文香炉

あかじきんらんでそうちょうもんこうろ

作品概要

赤地金襴手双蝶文香炉

あかじきんらんでそうちょうもんこうろ

陶磁 / 明治

三代清風与平作

明治25年(1892)

磁製

1口

銘文:「大日本 清風造」刻銘

三代清風与平(せいふうよへい)は中国清時代の陶磁器に多く範を求め、単色釉の研究に取り組んで斬新な色合いを作りだしました。本作では丸みを帯びた三足の香炉(こうろ)に、落ち着いた赤色の珊瑚釉(さんごゆう)を掛け、金の細い線描で蝶、花唐草を表わしています。明治26年(1893)シカゴ・コロンブス世界博覧会出品作です。

赤地金襴手双蝶文香炉をもっと見る

三代清風与平作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

与平 / Yohei / 清風 / 博覧

関連作品

チェックした関連作品の検索