赤地金襴手双蝶文香炉 あかじきんらんでそうちょうもんこうろ

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 / 明治 

三代清風与平作
明治25年(1892)
1口
銘文:「大日本 清風造」刻銘

三代清風与平(せいふうよへい)は中国清時代の陶磁器に多く範を求め、単色釉の研究に取り組んで斬新な色合いを作りだしました。本作では丸みを帯びた三足の香炉(こうろ)に、落ち着いた赤色の珊瑚釉(さんごゆう)を掛け、金の細い線描で蝶、花唐草を表わしています。明治26年(1893)シカゴ・コロンブス世界博覧会出品作です。

作品所在地の地図

関連リンク

赤地金襴手双蝶文香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白磁蝶牡丹浮文大瓶
白磁蝶牡丹浮文大瓶

三代清風与平作

飛青磁大瓶
飛青磁大瓶

三代清風与平作

色絵紫陽花図大瓶
色絵紫陽花図大瓶

綿野吉二作

色絵金襴手花鳥文大瓶
色絵金襴手花鳥文大瓶

九代帯山与兵衛作

白磁霊芝浮文大瓶
白磁霊芝浮文大瓶

三代清風与平作

ページトップへ