飛青磁大瓶 とびせいじたいへい

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 大正 

三代清風与平作
大正元年(1912)
磁製
高56.4 口径14.8 底径18.5
1口

陶磁で最初の帝室技芸員となった三代清風与平(せいふうよへい)は、作陶の基盤を中国陶磁研究に置いた。与平が「秘色(ひしょく)磁(じ)花瓶」と呼ぶこの大瓶は、中国龍泉窯の飛青磁(とびせいじ)に発想を得たもの。大正元年に自ら博物館へ寄贈し、箱の蓋裏に名前を記した共箱をともなう。

作品所在地の地図

関連リンク

飛青磁大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白磁霊芝浮文大瓶
白磁霊芝浮文大瓶

三代清風与平作

赤地金襴手双蝶文香炉
赤地金襴手双蝶文香炉

三代清風与平作

白磁蝶牡丹浮文大瓶
白磁蝶牡丹浮文大瓶

三代清風与平作

青磁鳳凰耳瓶
青磁鳳凰耳瓶

諏訪蘇山作

青磁牡丹唐草文大瓶
青磁牡丹唐草文大瓶

中国・龍泉窯

ページトップへ