文化遺産オンライン

飛青磁大瓶

とびせいじたいへい

作品概要

飛青磁大瓶

とびせいじたいへい

陶磁 / 大正

三代清風与平作

大正元年(1912)

磁製

高56.4 口径14.8 底径18.5

1口

陶磁で最初の帝室技芸員となった三代清風与平(せいふうよへい)は、作陶の基盤を中国陶磁研究に置いた。与平が「秘色(ひしょく)磁(じ)花瓶」と呼ぶこの大瓶は、中国龍泉窯の飛青磁(とびせいじ)に発想を得たもの。大正元年に自ら博物館へ寄贈し、箱の蓋裏に名前を記した共箱をともなう。

飛青磁大瓶をもっと見る

三代清風与平作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

青磁 / / せいじ / 陶磁

関連作品

チェックした関連作品の検索