文化遺産オンライン

青磁碗

せいじわん

作品概要

青磁碗

せいじわん

陶磁 / 五代十国 / / 中国

制作地:中国

五代~北宋時代・10~11世紀

陶磁

高4.0 口径13.6 高台径4.2

1口

陶磁研究家の小山冨士夫氏が『宋会要』に記載されている「東窯(とうよう)」に比定したことから、東窯タイプと呼ばれている。東窯の窯址は発見されていないが、陝西(せんせい)省の耀州窯(ようしゅうよう)でこの種の青磁が焼かれていたことが判明しており、いわゆる北方青磁の初期の作と考えられる。

青磁碗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Song / 青磁

関連作品

チェックした関連作品の検索