文化遺産オンライン

白磁霊芝浮文大瓶

はくじれいしうきもんたいへい

作品概要

白磁霊芝浮文大瓶

はくじれいしうきもんたいへい

陶磁 / 大正

三代清風与平作

大正元年(1912)

高31.5 口径13.3 底径15.2

1口

清風(せいふう)与(よ)平(へい)は京焼の中でも進取の精神に飛んだ五条坂の陶芸家で、明治期を代表する名工。中国の古陶磁を研究し、様々な釉技を自らのものとし、独特の世界を作り上げた。白磁壺の胴に表わされた霊芝の浮文は、素地と同じ土を盛り上げる与平が得意とした技法のひとつ。(20120919_h18・19)(20160802_h18)

白磁霊芝浮文大瓶をもっと見る

三代清風与平作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

与平 / Yohei / 清風 / 白磁

関連作品

チェックした関連作品の検索