白磁霊芝浮文大瓶 はくじれいしうきもんたいへい

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 大正 

三代清風与平作
大正元年(1912)
高31.5 口径13.3 底径15.2
1口

清風(せいふう)与(よ)平(へい)は京焼の中でも進取の精神に飛んだ五条坂の陶芸家で、明治期を代表する名工。中国の古陶磁を研究し、様々な釉技を自らのものとし、独特の世界を作り上げた。白磁壺の胴に表わされた霊芝の浮文は、素地と同じ土を盛り上げる与平が得意とした技法のひとつ。(20120919_h18・19)(20160802_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

白磁霊芝浮文大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飛青磁大瓶
飛青磁大瓶

三代清風与平作

白磁蝶牡丹浮文大瓶
白磁蝶牡丹浮文大瓶

三代清風与平作

赤地金襴手双蝶文香炉
赤地金襴手双蝶文香炉

三代清風与平作

色絵金襴手花鳥文大瓶
色絵金襴手花鳥文大瓶

九代帯山与兵衛作

黄釉銹絵梅樹文大瓶〈宮川香山作/〉
ページトップへ