文化遺産オンライン

色絵金襴手花鳥文大瓶

いろえきんらんでかちょうもんたいへい

作品概要

色絵金襴手花鳥文大瓶

いろえきんらんでかちょうもんたいへい

陶磁 / 明治

九代帯山与兵衛作

明治25年(1892)

陶製

高60.6 口径18.5 底径37.0

1口

銘文:「大日本帯山製」金彩銘

九代帯山与兵衛*たいざんよへえ*は三代清水六兵衛*きよみずろくべえ*の次男に生まれ、京都・粟田を代表する陶家帯山家に迎えられ九代を襲名した。京焼伝統の色絵を伝えながら明治期には輸出に力を入れ、京薩摩の色絵金襴手や陶胎七宝を手がけている。明治26年(1893)シカゴ・コロンブス世界博覧会出品作。(150828_h18)

色絵金襴手花鳥文大瓶をもっと見る

九代帯山与兵衛作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Meiji / シカゴ / コロンブス / 九谷焼

関連作品

チェックした関連作品の検索