文化遺産オンライン

色絵金襴手龍虎図大瓶

いろえきんらんでりゅうこずたいへい

作品概要

色絵金襴手龍虎図大瓶

いろえきんらんでりゅうこずたいへい

陶磁 / 明治

竹内吟秋作

明治25年(1892)

磁製

高50.6 口径15.2

1口

銘文:「大日本九谷竹内吟秋製」金彩銘

 竹内吟秋【たけうちぎんしゅう】は、弟浅井一毫【あさいいちごう】とともに九谷焼(石川県)を代表する陶工。本作は、輸出九谷の特徴である赤絵と金彩を組み合わせ、龍と虎、それらを取り囲む雲の模様を描き、胴面に迫力を描き出している。シカゴ万国博覧会出品作で、本来は一対のもの。

色絵金襴手龍虎図大瓶をもっと見る

竹内吟秋作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

シカゴ / Meiji / 九谷 / 一毫

関連作品

チェックした関連作品の検索