文化遺産オンライン

色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉

いろえりゅうほうおうもんししつまみだいこうろ

作品概要

色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉

いろえりゅうほうおうもんししつまみだいこうろ

陶磁 / 明治

松本佐平作

明治25年(1892)

1合

松本佐平は再興九谷窯のひとつ蓮台寺窯の松屋菊三郎の子で、青手古九谷、赤絵の技を父に学んだ。技術導入に努め、神戸に支店を開くなど海外貿易にも積極的であった。シカゴ・コロンブス世界博覧会の出品の本作は得意とした古九谷・五彩手の色絵で全体を飾っている。

色絵龍鳳凰文獅子鈕大香炉をもっと見る

松本佐平作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

九谷 / 九谷焼 / 色絵 / いろえ

関連作品

チェックした関連作品の検索