Deep Bowl Lion and sacred jewel design in overglaze enamel

Details

Deep Bowl Lion and sacred jewel design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Kutani Yoshida ware

Edo period, 19th century

高15.6 口径30.3 底径13.8

1口

吉田屋窯は文政7年(1824)に豊田伝右衛門によって開窯された再興九谷の中でも最も名高い窯。この作品は古九谷様式の五彩手を手本に、見込の窓絵に玉取獅子を描く。箱書から、廃窯の翌年、天保3年(1832)に求められた吉田屋窯後期の作と分る。20100208_h081

Related Works

Search items related to work chosen