Bowl Hydrangea design in overglaze enamel

Details

Bowl Hydrangea design in overglaze enamel

ceramics / Edo

San ware

Edo period, 19th century

1口

讃窯(さんがま)は香川県東かがわ市に置かれた高松藩の御庭焼。京焼の陶工仁阿弥道八(にんなみどうはち)とその弟子を招いて、天保3年(1832)に開かれた。乾山(けんざん)風の色絵陶器の技法で内外に紫陽花の文様が描かれている。底裏に「讃窯」の印が捺されている。

Related Works

Search items related to work chosen