Bowl, Koto Ware Design of flowers in overglaze enamels

Details

Bowl, Koto Ware Design of flowers in overglaze enamels

ceramics / Edo

Koto ware

Edo period, 19th century

高9.9 口径19.1 底径7.5

1口

湖東(ことう)焼の呉州赤絵(ごすあかえ)写しです。底裏に「湖東」の印銘があります。滋賀県彦根市古沢町の佐和山(さわやま)山麓で焼かれました。文政12年(1829)に始まり、天保13年(1842)に彦根藩に召し上げられて藩窯としての体制が整えられ、13代藩主井伊直弼(なおすけ)の時代に最盛期を迎えました。

Related Works

Search items related to work chosen