彦根藩主井伊家墓所 ひこねはんしゅいいけぼしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 江戸 

2県以上
近世
彦根市・東近江市、世田谷区
指定年月日:20080328
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 彦根藩主井伊家墓所は、江戸時代、譜代筆頭の大名である彦根藩主井伊家歴代の墓所である。井伊家は、初代直政が徳川家康に仕えて戦功を重ね、2代直孝の代に30万石の大名となって明治維新まで続き、歴代藩主のうち5人が6回の大老職となった。幕末の大老直弼は有名である。
 墓所は、滋賀県彦根市の曹洞宗清凉寺、同東近江市の臨済宗永源寺、東京都世田谷区の曹洞宗豪徳寺の三箇所に所在する。 国許彦根の墓所として清凉寺、江戸表の墓所として彦根藩領世田谷の豪徳寺があり、歴代藩主以下、正室・側室、子息・子女等井伊家一族が葬られた。
 清凉寺は、慶長7年、井伊直政の死去により墓所として創建され、初代直政、3代直澄、5代直通、7代直惟、8代直定、11代直中、12代直亮の歴代7藩主等が葬られた。
 豪徳寺は、寛永年間に当地が彦根藩領に組み込まれたことから、江戸表における菩提寺とされた。2代直孝、6代直恒、9代直禔、10代直幸、13代直弼、14代直憲の6藩主等が葬られた。
 4代藩主直興は永源寺南嶺慧詢に帰依していたため、側室とともに永源寺に葬られた。
 江戸時代を通じて国許及び江戸表において形成・維持されてきた本墓所は、近世の大名の政治権力、墓制や信仰を知るうえで重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

彦根藩主井伊家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土佐藩主山内家墓所
土佐藩主山内家墓所
加賀藩主前田家墓所
萩藩主毛利家墓所
徳島藩主蜂須賀家墓所
ページトップへ