松江藩主松平家墓所 まつえはんしゅまつだいらけぼしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 中国・四国 

島根県
松江市外中原町・国屋町
指定年月日:19960329
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

松江藩の成立は、慶長五年(一六〇〇)の関ヶ原の戦の結果、周防・長門に転封となった毛利氏に代わり、堀尾[[忠氏]ただうじ]が出雲・隠岐の二か国二四万石の領主として入封したことに始まる。忠氏は父[[吉晴]よしはる]とともに初め富田城に入ったが、慶長十二年に松江城の築城を開始、同十六年の完成とともに居城をここに移した。堀尾氏は三代[[忠晴]ただはる]に嗣子がなく、寛永十年(一六三三)に改易。翌年入封した京極氏も、同様の理由で同十四年に改易となった。翌十五年、結城(松平)秀康の三男松平[[直政]なおまさ]が信濃国松本から出雲国一八万六〇〇〇石の領主として移封され、以後、直政の子孫が廃藩までの二三十余年、出雲を領知することとなった。
 松江藩主松平家歴代の幕所は、同家の菩堤等である月照寺に営まれている。月照寺はもと洞雲寺と称したが、寛文四年(一六六四)、松平直政は生母月照院の霊脾をここに安置し、蒙光山月照寺と改称した。同六年に直政が没すると、二代藩主[[綱隆]つなたか]は直政の遺命により廟所を月照寺に営み、山号を歓喜山と改め、ここを藩主歴代の菩堤所と定めた。直政以後、二代綱隆・三代[[綱近]つなちか]・四代[[吉秀]よしとみ]廟・五代[[宣維]のぶずみ]・六代[[宗衍]むねのぶ]・七代[[治郷]はるさと]・八代[[齊恒]なりつね]・九代[[齊貴]なりたか]に至るまで九代の藩主廟墓が造営されている。
 初代直政の廟所の南奥に東面して営まれている。廟門は一間一戸の薬医門の形式で、直政没後一三年を経た延宝七年(一六七九)の建立になる。切妻造の屋根の正面・背面には軒唐破風をつけ、その下の出桁には渦文若葉・眉を彫り、破風と…

作品所在地の地図

関連リンク

松江藩主松平家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

立花家文書
島原藩主深溝松平家墓所
彦根藩主井伊家墓所
革嶋家文書(二千四百五十九通)
松ヶ岡開墾場
ページトップへ