島原藩主深溝松平家墓所 しまばらはんしゅふこうずまつだいらけぼしょ

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸
愛知県額田郡幸田町
指定年月日:20140318
管理団体名:幸田町(平26・10・17)
史跡名勝天然記念物

 島原藩主深溝松平家墓所は,戦国時代に分立した松平氏の一家で,江戸時代に十八松平と称された深溝松平家の墓所である。菩提寺である瑞雲山本光寺(ずいうんざんほんこうじ)と東西の廟所からなる。
 深溝松平家は初代忠定(たださだ)が深溝の地を本拠としたことに始まり,4代家忠(いえただ)の時,家康の関東移封に従って深溝を離れるが,5代忠利(ただとし)は,慶長6年(1601)に1万石の大名として三河に戻り,5代忠利から17代忠愛(ただちか)までの13名と明治以降の18代・19代が死没地の何処かにかかわらず,深溝の本光寺に埋葬された。深溝への遺骸の埋葬は,5代忠利の遺命と伝承されている。6代忠房(ただふさ)は寛文9年(1669),肥前島原に転封となった。西廟所の中央に初代から4代までの墓地が置かれ,その東側に5代忠利の肖影堂(しょうえいどう)が建つ。忠房の世子好房の逝去にあたり,吉田神道を崇敬する忠房夫妻によって,神殿型の墓標が西廟所に建設され,以後,歴代当主の墓標形式となった。
 6代忠房の正室永春院の逝去を契機に,新たに東廟所が造営される。そこには,西廟所に埋葬された11代忠恕(ただひろ)を除く19代までの当主が埋葬されている。7代忠雄(ただお)墓所の発掘調査で下部構造も明らかとされ,棺内及び棺と石室の間から太刀やガラス杯・銀製香道具等の豊富な副葬品が出土した。
 島原藩主深溝松平家墓所は,神殿型の墓標を採用し,墳墓の地に継続して埋葬するという特徴を有しており,大名家の葬送儀礼のあり方を考えるうえで極めて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

島原藩主深溝松平家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松江藩主松平家墓所
土佐藩主山内家墓所
高島藩主諏訪家墓所
土佐藩主山内家墓所
徳島藩主蜂須賀家墓所
ページトップへ