Flask-shaped Vase Chrysanthemum design in inlay

Details

Flask-shaped Vase Chrysanthemum design in inlay

ceramics / Edo

Yatsushiro ware

Edo period, 18th century

高15.1 口径3.3 底径7.2*4.2

1口

八代(やつしろ)焼は熊本県八代市で焼かれ、高田焼ともよばれる。創始期には大名茶人細川三斎(さんさい)の指導を受け、熊本藩の御用窯として、江戸時代を通してすぐれた茶陶や日用の器を生産した。胎土に文様を彫って白土を埋める象嵌(ぞうがん)は、八代焼の代表的な装飾技法である。

Related Works

Search items related to work chosen