文化遺産オンライン

青磁象嵌菊唐草文油瓶

せいじぞうがんきくからくさもんゆへい

作品概要

青磁象嵌菊唐草文油瓶

せいじぞうがんきくからくさもんゆへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・13世紀

陶製

高4.0 口径2.0 底径4.8

1口

素地に彫り文様をあらわし、そこに白や黒の異なる色の土を埋め、その上から青磁釉をかけて焼き上げたもの。このような象嵌技法は、高麗青磁に特有の装飾方法であり、いかにも貴族好みの瀟洒な器に適います。本作は女性の化粧道具の一つです。

青磁象嵌菊唐草文油瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索