文化遺産オンライン

青磁象嵌花文輪花杯

せいじぞうがんかもんりんかはい

作品概要

青磁象嵌花文輪花杯

せいじぞうがんかもんりんかはい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・13世紀

陶製

高6.1 口径7.9 底径3.6 

1口

八枚の花びらのようにあらわした、いわゆる輪花の小杯。形は金銀器の杯を模したもので、口縁近くには線刻で蔓草文を巡らし、胴部には白と黒の象嵌で花卉文を配します。同じく象嵌青磁でつくられた托とセットであったと考えられますが、現在托は失われています。

青磁象嵌花文輪花杯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索