文化遺産オンライン

青磁象嵌菊花文稜花形杯・托

せいじぞうがんきっかもんりょうかがたはい たく

作品概要

青磁象嵌菊花文稜花形杯・托

せいじぞうがんきっかもんりょうかがたはい たく

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・13世紀

陶製

総高11.8 托:羽径13.2

1具

高麗(918~1392)では中国からの影響を受けて青磁生産が盛んになり、皇帝や貴族へ納められました。それらは主に飲食器や文房具、化粧道具など日常の器で、金銀器を写した洗練された形を特徴とします。本作のような花形の杯と托は高麗青磁によくみられる器種で、人気の製品であったことがうかがえます。

青磁象嵌菊花文稜花形杯・托をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索