文化遺産オンライン

青磁瓜形瓶

せいじうりがたへい

作品概要

青磁瓜形瓶

せいじうりがたへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・12世紀

陶製

高23.5 口径9.9 底径7.9 重量770

1口

高麗時代、青磁生産が全盛を迎えます。その始まりには諸説ありますが、中国よりおよそ10世紀の頃に伝わったものと考えられています。11~12世紀には、しっとりと落ち着いた青色の釉調で、洗練された形の製品がつくられ、「翡色(ひしょく)」と呼ばれて貴人のあいだで珍重されました。

青磁瓜形瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / Chosun

関連作品

チェックした関連作品の検索