Gourd-shaped Ewer Celadon glaze

Details

Gourd-shaped Ewer Celadon glaze

ceramics / Chosun

Place of production:Korea

Goryeo dynasty, 12th-13th century

陶製

Restored overall H.7.6, max. body H.6.1, body H.5.7, mouth D.2.7, bottom D.3.4, max. W.8.2

1口

瓜形の器形は高麗時代に好まれ、瓜形の水注は大小のものが作られました。宋の使節として高麗の都開城(ケソン)を訪れた徐兢(じょきょう)の著作『高麗図経』にも言及されています。高麗青磁特有の青緑色の釉薬が瓜形の稜間に濃く溜まり、表情を生み出しています。蓋の鈕は後補です。

Related Works

Search items related to work chosen