青磁蓮弁文蓋付碗 せいじれんべんもんふたつきわん

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 朝鮮半島 

制作地:朝鮮
高麗時代・12~13世紀
磁質
通蓋高11.4 身高8.2 口径9.3 高台径6.6
1合

筒型の胴の外面に大ぶりの蓮弁文が彫りあらわされている。高麗青磁独特の澄んだ青緑色の釉薬が総体に施されており、底裏に3つの硅石目(けいせきめ)跡がある。朝鮮半島西南部の全羅南道康津(チョルラナムドカンジン)もしくは全羅北道扶安(チョルラプクドプアン)で焼かれたものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁蓮弁文蓋付碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁蓮唐草文水注
青磁蓮弁文碗
青磁蓮弁文鉢
青磁蓮華蓋水注
青磁蓮葉文承盤
ページトップへ