文化遺産オンライン

青磁象嵌雲龍文蓋付鉢

せいじぞうがんうんりゅうもんふたつきはち

作品概要

青磁象嵌雲龍文蓋付鉢

せいじぞうがんうんりゅうもんふたつきはち

陶磁 / 韓国

出土地:伝韓国全羅南道潭陽郡大徳面出土

高麗時代・13世紀

陶製

通蓋高13.3 身高8.7 口径18.8 高台径6.9 重994

1合

蓋と身の内外に、龍、鳳凰、牡丹、雲などの文様が隙間なく表わされています。素地に文様を彫り、そこに白土、赤土を埋め、素焼きした後、青磁釉を掛けて焼きあげます。象嵌と呼ばれるこの技法は高麗時代に独自に発展をとげた装飾技法です。

青磁象嵌雲龍文蓋付鉢をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索