文化遺産オンライン

青磁蓮唐草文浄瓶

せいじはすからくさもんじょうへい

概要

青磁蓮唐草文浄瓶

せいじはすからくさもんじょうへい

陶磁 / 朝鮮半島

朝鮮半島

高麗時代

高36.5㎝ 底径8.8㎝

一口

東京都港区南青山6-5-48

根津美術館

重要文化財

青銅器の浄瓶(じょうへい)を写した青磁の器は幾つか知られるが、これは中でも優雅な姿と彫文様で知られる作品である。胴には蓮花(れんげ)に唐草文が片切(かたきり)彫りに毛彫りを加えてゆったりと施されている。注口には、蓋が付されていたが、現在は失われている。青緑色の青磁釉がたっぷりと施され、細かな貫入(かんにゅう)が見られ、底にも施されている。底には釉下に細い刻線で「孝久刻」の銘が見られ、文様を施した陶工の名前とも言われている。「孝」銘の陶片は全羅北道扶安郡柳川里(ユチョンリ)窯址で出土しているが、これは全羅南道庚津郡沙堂里(サダンリ)窯の製品ではないかと思われる。

青磁蓮唐草文浄瓶をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

高麗 / 青磁 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索