Seijibotankarakusamombin

青磁牡丹唐草文瓶

Details

Seijibotankarakusamombin

青磁牡丹唐草文瓶

陶磁 / / 中国

明時代/15世紀

磁器

高61.0㎝ 口径23.0㎝

1口

明時代中期、中国龍泉窯系の窯で焼かれた青磁の大瓶。大きく開いた口縁に長い頸、卵形の胴とその中央に一条の稜をめぐらす独特の器形を持つ。頸部に蕉葉文、胴部に牡丹唐草文、裾部に鎬連弁文を浮き彫りにし、全体に青緑色の釉薬が施されてる。寺社などの荘厳品として輸入されたと考えられる。

Related Works

Search items related to work chosen