青磁蓮弁文鉢 せいじれんべんもんはち

陶磁 / 朝鮮半島 

制作地:朝鮮
高麗時代・12世紀
磁製
高7.8 口径16.6 高台径6.4 重量391
1口

蓮弁の輪郭を浮彫りのように深く刻み、三重に並べるその表現は、中国・浙江北部にひろがった越窯の青磁に影響を受けたものと考えられます。気品に満ちた造形に加え、釉は安定した発色をみせており、生産技術が高い水準にあったことがわかります。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁蓮弁文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁蓮弁文鉢
青磁蓮唐草文瓶
青磁蓮弁文碗
青磁鸚鵡文鉢
青磁蓮弁文蓋付碗
ページトップへ