文化遺産オンライン

青磁象嵌菊花文長頸瓶

せいじぞうがんきっかもんちょうけいへい

作品概要

青磁象嵌菊花文長頸瓶

せいじぞうがんきっかもんちょうけいへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・12~13世紀

陶製

高32.1 口径3.2 高台径10.3 重1547

1口

青磁象嵌は高麗時代に独自の発達をとげた装飾技法。胎土に文様を彫り込んで白土、赤土を埋め、いったん素焼きをしたのち、青磁釉をかけて焼成します。青磁の地に白土は白く、赤土は黒く発色します。底部に黒砂混じり赤色耐火土目が4つ残されています。

青磁象嵌菊花文長頸瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / Goryeo / 青磁 / 象嵌

関連作品

チェックした関連作品の検索