Vase Lion design in overglaze enamel

Details

Vase Lion design in overglaze enamel

ceramics / Ming Dynasty

Jingdezhen ware, China

Ming dynasty, 14th-15th century

磁製

高25.0 口径7.9 底径8.2

1口

明初、景徳鎮民窯で焼かれた上絵付けの施された作例で、五彩の早い時期の様相を示す貴重な作品です。文様は赤と緑のみで配され、ややくすんだ発色をしています。頸から胴裾まで6つの帯に分けられ、各文様はくるくると速い筆致で描かれる点が特徴的です。

Related Works

Search items related to work chosen