Large Jar Pavilion and figures design in underglaze blue

Details

Large Jar Pavilion and figures design in underglaze blue

ceramics / Ming Dynasty

Jingdezhen ware, China

Ming dynasty, 15th century

磁製

高38.7 口径21.5 底径20.9

1口

明時代初期に景徳鎮民窯で生産された青花磁器で、楼閣とくるくると特徴的な雲が配されている一群を「雲堂手」と呼びます。手慣れた筆遣いで楼閣や木々が描かれ、人物の表情は生き生きとしています。官窯器にはない軽妙さと親しみ深さが魅力の名品です。

Related Works

Search items related to work chosen