文化遺産オンライン

青花唐草文高足碗

せいかからくさもんこうそくわん

作品概要

青花唐草文高足碗

せいかからくさもんこうそくわん

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・宣徳年間(1426~35年)

磁製

総高13.9 口径7.7 底径6.5

1合

銘文:「大明宣徳年製」青花銘

明時代、宣徳年間(1425~36)になると、「御器廠(ぎょきしょう)」つまり皇室に納める高級品を生産する官営の窯では製品に年款を記すことが一般化しました。そして、透き通るような質の高い白磁胎に濃淡の美しい繊細な文様を配した宣徳官窯器は、今日まで高い評価を得ています。

青花唐草文高足碗をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 大明 / / 年間

関連作品

チェックした関連作品の検索