文化遺産オンライン

豆彩束蓮文鉢

とうさいそくれんもんはち

作品概要

豆彩束蓮文鉢

とうさいそくれんもんはち

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清雍正年製」銘

清時代・雍正年間(1723~35年)

磁製

高14.0 口径20.2 底径11.0

1口

銘文:「大清雍正年製」青花銘

豆彩とは、青花による輪郭線に塗り絵のように彩色を施す技法をいいます。明時代の成化年間に景徳鎮官窯で完成し、清の雍正年間の官窯では精巧で格調高い優れた豆彩がつくられました。不孤斎は塗蓋を添えて水指に見立て、茶の湯の器としてもちいました。

豆彩束蓮文鉢をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清雍正年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

雍正 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索