琺瑯彩梅樹文皿 ほうろうさいばいじゅもんさら

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  

中国・「大清雍正年製」銘
清時代・雍正年間(1723~35年)
磁製
高4.4 径17.3 底径10.8
1枚
銘文:「雍正年製」青料銘
重要文化財

粉彩は康煕年間にヨーロッパの無線七宝の技術を取り入れて始まった上絵付けの技法で、繊細な絵画表現をもたらしました。白磁胎を景徳鎮から運び、紫禁城内で絵付けをした「琺瑯彩」のうち、本作品のようにとくに作行きのすぐれたものを俗に「古月軒」と称します。

作品所在地の地図

関連リンク

琺瑯彩梅樹文皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉彩山水文長方硯
粉彩牡丹文大瓶
粉彩牡丹文大瓶

中国・景徳鎮窯「大清雍正年製」銘

豆彩束蓮文鉢
豆彩束蓮文鉢

中国・景徳鎮窯「大清雍正年製」銘

粉彩透彫唐草文双耳瓶
粉彩透彫唐草文双耳瓶

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

豆彩瓜蝠文皿
豆彩瓜蝠文皿

中国・景徳鎮窯「大清雍正年製」銘

ページトップへ