粉彩透彫唐草文双耳瓶 ふんさいすかしぼりからくさもんそうじへい

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘
清時代・乾隆年間(1736~95年)
磁製
高45.0 口径11.4 底径15.8
1口
銘文:「大清乾隆年製」銘

粉彩はヨーロッパの無線七宝の技術を取り入れて康煕末年に始まった新しい上絵付法です。そしてこの瓶のように、器面に隙間無く緻密にあらわした粉彩を「夾彩」と呼びます。さらに、透彫を施した外側と青花の装飾を施した内側の二重構造で、技の極をみせています。

作品所在地の地図

関連リンク

粉彩透彫唐草文双耳瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉彩山水文長方硯
粉彩瓢蝠文瓢形瓶
粉彩瓢蝠文瓢形瓶

中国・景徳鎮窯

青花紅彩蝠雲文壺
青花紅彩蝠雲文壺

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

豆青釉觚形瓶
豆青釉觚形瓶

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

天藍釉罍形瓶
天藍釉罍形瓶

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

ページトップへ