青磁長頸瓶

Details

青磁長頸瓶

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

清時代・乾隆年間(1736~95年)

高18.9 口径4.0 高台径6.0 重495

1口

横河によって昭和7年に寄贈されたもの。清の雍正、乾隆年間には景徳鎮窯の技術が最高潮に達し、官窯や哥窯といった宋の名窯と伝わる青磁の再現が積極的に行われました。不均一に貫入が走るこの作品もその一環で焼かれたと考えられます。「大清乾隆年製」篆書青花銘。

Search by 青磁長頸瓶

Search by 中国・景徳鎮窯

Search by 東京国立博物館

Keywords

隆年 / / / Qing

Related Works

Search items related to work chosen