文化遺産オンライン

豆青釉觚形瓶

とうせいゆうこがたへい

作品概要

豆青釉觚形瓶

とうせいゆうこがたへい

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

清時代・乾隆年間(1736~95年)

高27.5 口径17.8 底径8.7

1口

銘文:「大清乾隆年製」青花銘

清の高宗乾隆帝のもとで、陶磁器の技術は洗練を極めました。過去の王朝に倣い、古器の再現につとめたことも、清朝陶磁の発展につながったものと考えられます。この作品は古代の青銅器「觚」の形をしており、釉は宋の青磁、最盛期の姿を目指したものでしょう。

豆青釉觚形瓶をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘 をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索