文化遺産オンライン

火焔紅瓜形瓶

かえんこううりがたへい

作品概要

火焔紅瓜形瓶

かえんこううりがたへい

陶磁 / / 中国

景徳鎮窯 「大清乾隆年製」銘

制作地:中国

清時代・乾隆年間(1736~95年)

1口

銘文:「大清乾隆年製」銘

清時代の官窯では、変化に富んださまざまな色合いの釉薬(ゆうやく)が新たに開発された。銅を呈色剤(ていしょくざい)とする紅釉(こうゆう)をベースに、一部に失透性の青釉(せいゆう)をかけ、青釉の一部が紅釉の地に流下した火焔紅は、その代表的な例である。底裏に「大清乾隆(けんりゅう)年製」の篆書(てんしょ)銘がある。

火焔紅瓜形瓶をもっと見る

景徳鎮窯 「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索