文化遺産オンライン

釉裏紅蝠雲文大瓶

ゆうりこうふくうんもんたいへい

作品概要

釉裏紅蝠雲文大瓶

ゆうりこうふくうんもんたいへい

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

清時代・乾隆年間(1736~95年)

磁製

高50.6 口径9.8 底径15.2

1口

銘文:「大清乾隆年製」銘

釉裏紅とは呈色剤にコバルトではなく、銅を用いて赤色に発色させた釉下彩のやきものです。元・明時代を経て、清朝に至り、安定した発色が可能になりました。紅は「洪」と同じ発音であり、蝙蝠の文様は「洪福」、つまり大きな幸福を意味します。

釉裏紅蝠雲文大瓶をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索