文化遺産オンライン

天藍釉罍形瓶

てんらんゆうらいがたへい

作品概要

天藍釉罍形瓶

てんらんゆうらいがたへい

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

清時代・乾隆年間(1736~95年)

磁製

高34.3 口径11.8 高台径11.6

1口

銘文:「大清乾隆年製」青花銘

これは青銅器の「罍」に基づく形。失透気味の淡い釉調、貫入と呼ばれるひび、鉄が塗られた畳付により、宋の官窯青磁を意識したものとわかります。清の再現青磁の釉には天藍釉のほかにさまざま種類がありますが、顔料を加えて発色させたものと推測されています。

天藍釉罍形瓶をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索