文化遺産オンライン

青花紅彩蝠雲文壺

せいかこうさいふくうんもんつぼ

作品概要

青花紅彩蝠雲文壺

せいかこうさいふくうんもんつぼ

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

清時代・乾隆年間(1736~95年)

磁製

高47.4 口径15.1 底径15.1

1合

銘文:「大清乾隆年製」銘

青花と釉上彩の紅釉で幸福の象徴、蝙蝠(こうもり)を全面に配した有蓋壺。清のはじめ、景徳鎮窯では御器廠の整備が徹底して進められ、都から派遣された官吏による統制のもとですぐれた陶磁器が数多くつくられました。第6代乾隆帝の時代はその爛熟期といえます。

青花紅彩蝠雲文壺をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索