文化遺産オンライン

粉彩瓢蝠文瓢形瓶

ふんさいひょうふくもんひょうけいへい

作品概要

粉彩瓢蝠文瓢形瓶

ふんさいひょうふくもんひょうけいへい

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

清時代・乾隆年間(1736~95年)

磁製

1口

銘文:「大清乾隆年製」金彩銘

蝙蝠(こうもり)は、蝠と福の発音が同じであることから幸福を象徴し、瓢箪(ひょうたん)は子孫万代の繁栄を象徴しています。清時代に開発されて上絵付けに大きな発展をもたらした粉彩。ここでは地を塗りつくす、夾彩の手法がもちいられています。

粉彩瓢蝠文瓢形瓶をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索