文化遺産オンライン

茶葉末双耳壺

ちゃようまつそうじこ

作品概要

茶葉末双耳壺

ちゃようまつそうじこ

陶磁 /

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘

清時代・乾隆年間(1736~95年)

磁製

高29.3 口径10.6 高台径12.1

1口

銘文:「大清乾隆年製」刻銘

この作品も、乾隆年間における釉技の目覚ましい開発のなかで完成したもの。釉中の鉄の微粒子が、まるで挽いた茶葉の粉末のように濃い緑色を呈して見えることから「茶葉末釉」と呼ばれます。釉の豊かな表情を活かす、たっぷりとした堂々たる姿かたちが見事です。

茶葉末双耳壺をもっと見る

中国・景徳鎮窯「大清乾隆年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

隆年 / / / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索