文化遺産オンライン

豆彩瑞果文鉢

とうさいずかもんはち

作品概要

豆彩瑞果文鉢

とうさいずかもんはち

陶磁 /

景徳鎮窯 「大明万暦年製」銘

明時代・万暦年間(1573~1620年)

磁製

高11.3 口径22.9 高台径8.6

1口

銘文:「大明万暦年製」青花銘

景徳鎮窯(けいとくちんよう)において釉上彩(ゆうじょうさい)の五彩(ごさい)磁器が確立するのは15世紀前半、宣徳(せんとく)年間と考えられる。この鉢は明末期の万暦(ばんれき)年間に作られた。万暦五彩はにぎやかな配色と文様配置、自由闊達な筆遣いが特徴であるが、成化(せいか)官窯を写した本作品は格調高く、清清しさが漂う。

豆彩瑞果文鉢をもっと見る

景徳鎮窯 「大明万暦年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

暦年 / 大明 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索