文化遺産オンライン

白磁紅釉龍文鉢

はくじこうゆうりゅうもんはち

作品概要

白磁紅釉龍文鉢

はくじこうゆうりゅうもんはち

陶磁 /

景徳鎮窯

明時代・宣徳年間(1426~35年)

1口

薄手に成形され、釉下には細い線彫りで岩と波濤があらわされている。龍文を紅釉であらわすのは類例の少ない手法である。底裏に「大明宣徳年製」の銘がある。明代宣徳年間(1426~35年)の景徳鎮官窯の製品で、洗練された作風には秀麗な美しさがある。

白磁紅釉龍文鉢をもっと見る

景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 大明 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索