文化遺産オンライン

龍鳳堆朱長方形箱

りゅうほうついしゅちょうほうけいはこ

作品概要

龍鳳堆朱長方形箱

りゅうほうついしゅちょうほうけいはこ

漆工 / / 中国

「大明宣徳年製」銘

制作地:中国

明時代・宣徳年間(1426~35)

縦12.6 横45.9 高7.8 身の立ち上がり1.2

1合

銘文:「大明宣徳年製」銘

漆を何層にも塗り重ねて、文様を彫刻する技法を彫漆といい、中国漆工の代表的な技法である。これに朱漆を用いるものを、特に堆朱という。本器の蓋表には、中央に龍が雲気のなかを舞う窓を置き、その周囲に鳳凰たちが花卉なかを飛翔する意匠が表わされている。

龍鳳堆朱長方形箱をもっと見る

「大明宣徳年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大明 / Ming / /

関連作品

チェックした関連作品の検索