文化遺産オンライン

龍堆黄盆

りゅうついおうぼん

作品概要

龍堆黄盆

りゅうついおうぼん

漆工 / / 中国

「大明萬暦己丑年製」銘

制作地:中国

明時代・万暦17年(1589)

縦21.9 横21.3 高2.7

1枚

銘文:「大明萬暦己丑年製」銘

彫漆の一種で、黄漆を塗り重ねて文様を彫り表わす技法を、日本では堆黄(ついおう)(中国では剔黄(てきおう))とよんでいます。遺例のほとんどが地を朱漆塗として、五爪【ごそう】の龍を表わした作品です。また万暦【ばんれき】年間(1573~1620)の銘をもつ作例が多く、この頃を中心に隆盛した技法とみられています。

龍堆黄盆をもっと見る

「大明萬暦己丑年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大明 / / / Ming

関連作品

チェックした関連作品の検索